2023年の高頻度取引の完全ガイド

0
1537

最終更新日: 8 年 2022 月 XNUMX 日

高頻度取引利益を上げるために株式市場に投資する方法はいくつかあります。 の 高頻度取引 他の多くの方法の2023つです。 それを行う方法を知っている人にとっては非常に有利です。 メソッドを試す前に、自分自身を教育する必要があります。 このガイドを通じて、XNUMX 年に高頻度で取引する方法を発見してください。

高頻度取引とは? 

  • 定義 - トレーディング 高周波は、株式市場に自動的に注文を出すことができるトリックです。 したがって、この手法は人間の介入を必要としません。 それは今でも高頻度取引と呼ばれ、電子サイトを利用して運営されています。 
  • 高頻度取引ソフトウェア – 高頻度取引に使用されるツールを使用すると、株式市場で機会を見つけて賭けることができます。 株式市場を分析するこのソフトウェアの能力は人間の能力を超えており、これは大きな資産です。 高頻度取引手法も、サーバーと高性能コンピューターに基づいています。 
  • THFの目的 – 目的は、利益を最大限に活用し、投資家アカウントの操作をスピードアップすることです。 値に存在する可能性のある価格差は、このソフトウェアを利用できる利益の機会でもあります. 
  • 高頻度取引の価値 – 高頻度取引を使用することは良い考えですが、始めている人はほとんどいません。 問題は、彼らが方法について持っているアイデアではありません。 多くの人がこれらの利点を利用したいと考えていますが、そのコストのために撤回しています。

2023年に取引するベストブローカー

1.ヴァンテージFX - 取引シグナルを持つ最高のブローカー

2.  AvaTrade - レバレッジのある最高のブローカー

3.  eToroの - 最高のモバイル取引アプリ

4.  ププライム - スプレッドが最も低いブローカー

5.  XM - 無料の取引シグナルを持つ最高のブローカー

推奨ブローカー

フランスでの高頻度取引はどのように機能しますか? 

  • 高頻度取引の規制 – 高頻度取引手法の使用を禁止するものではありません。 とはいえ、信頼性が低いわけではありません。 フランスの高頻度取引手法の操作は、より古典的です。 
  • AMFの介入 – 実際、金融市場局 (AMF) は、すべての乱用、特にレイヤリングなどのすべての市場に対してシステムを管理しています。 これは、資産の価格の混乱につながる手順です。 後者の目的は、大規模なセール中にキャンセルできる購入注文を出すことです。 
  • 不正行為に対する AMF 制裁 – 2015 年 5 月には、人権侵害に対してとられた決議を見ることができました。 高頻度取引による価格操作で、XNUMX つの証券取引所に XNUMX 万ユーロの罰金が課せられました。 これらには、Euronext やアメリカのトレーダー Virtu などが含まれます。 フランス地域では、金融市場局が、高頻度取引のレベルで実施されているあらゆる種類の規制違反を特定し、制裁を科しています。 

推奨

てこの作用 :

1:500

スプレッド: 0.0pipsから

規制 :

ASIC、FCA、CIMA、VFSC

最低入金額: 200€

高頻度取引のリスクとは?

  • エラーのリスク
  • 二段階の市場を作るリスク
  • ボラティリティよりもリスクを優先
  • 手動取引の概念の喪失

暗号通貨で高頻度取引は可能ですか?

  • 仮想通貨における高頻度取引の統合 – 暗号通貨で高頻度取引を使用できるかどうかという質問がよく寄せられます。 この技術はすでに仮想通貨分野に侵入していることを指摘しておく必要があります。 これはかなりの年月にわたって行われてきました。 ビットコインの高頻度取引という用語も今日広く使用されています。 同じことが高頻度の暗号通貨取引にも当てはまります。 
  • 市場で活動する企業 – この市場のレベルでは、流動性の提供は常に高頻度取引会社によって行われます。 これらは、アメリカの株式および債券市場に作用するものです。 

数字での高頻度取引 

  • 高頻度取引の世界シェア – 高頻度取引アルゴリズムのレベルでは、データが異なります。 ここでは、発注された偽の注文の割合は 90% です。 高頻度会社の声明によると、報告された 1238 日のうちマイナス日は 21 日だけです。 ソフトウェアの注文処理機能も非常に優れています。 彼は XNUMX 分間で XNUMX 万件以上の注文を開始しました。 
  • 高頻度取引の数値 – 球界の年収は28億ドル。 すべてのトレーダーのチーム リーダーの最低給与は $150 であることを知っておく必要があります。 この金額にはボーナスは含まれていません。 CAC 000 株では、高頻度トレーダーが 40 回以上キャンセルしました。 高頻度取引グラフはこれを示しています。 
  • 高頻度取引のスピード – この手法では、トランザクションの速度が優先されます。 注文の送信には 0.0065 秒かかります。 後者は、アメリカの新しい光ファイバー技術で 1 km 移動できます。 マイクロ波中継アンテナの高さは 200 メートルと推定されました。 これらの校正の精度目盛は100°です。 

高頻度取引用語 

  • について: XNUMXつのスキルを持つエンジニアです。 これは、市場金融に関連するプログラミングとコンピューターコーディングです。 それは高周波のようなアルゴリズムトレーダーの位置にあることができます.
  • 超高速: 速度について話すために使用される用語。 主に、使用される通信技術のレベルで対処されます。 その目標は、アルゴリズム注文を出す際に高頻度取引からより良いスピードを得ることです。 これが大きいと、期末の利益が高くなります。 ただし、アルゴリズム取引を使用すると、投資家を意味するアルゴ トレーダーという名前が付けられます。
  • フラットシェアリング : 高頻度トレーダー向けのコンピューター機器の設置を指します。 この操作は、同じ証券取引所内で実行されます。 この宿泊施設の後、毎月 25 ドルの対価が回収されます。 悪い結果を避けるために、各ケーブルの長さがチェックされます。
  • 引用符の詰め物: 市場で高頻度のトレーダーによって実行される操作です。 彼らの意図は、自動注文エントリーと引き出しから株式市場を飽和させることです. このトリックにより、彼らはすべての競合他社のデータ処理時間を短縮することに成功しました. これにより、市場にいる人々の間で混乱を招くこともできます。

推奨

てこの作用 :

1:500

スプレッド: 0.0pipsから

規制 :

ASIC、FCA、CIMA、VFSC

最低入金額: 200€

高頻度取引の方法 

XNUMX つのオプションがあります。 コンピューターと数学者を使用するか、標準的な戦略を使用できます。

1. コンピューターと数学者の使用

  • 数学とコンピュータの役割 – 実際には、根本的な役割を果たしているのは数学とコンピュータ サイエンスです。 トレーダーにとって物事をより簡単にするために、すべてのトランザクションはそれらを通過します。 高頻度トレーダーとして、取引するのに電話、オフィス、さらには友人は必要ありません。 
  • コンピューターと数学を使用する利点 – V世界の取引の 60% 以上で数十億ドルを稼ぐことができます。 そのような結果を達成する有名な金融王は、高頻度トレーダーです。 
  • 高頻度取引の運用原理 – この取引を行うための原則は非常に単純です。 数学的アルゴリズムと高品質のコンピューターを使用する必要があります。 これにより、市場の動きを判断して活用することができます。 テクニックの特徴である注文執行のスピードもあります。 ただし、すべての値にわたって価格差を利用できます。 

2. 標準戦略の XNUMX つを使用する

高頻度規制取引の手法は非常に成功しており、いくつかの数学的アルゴリズムがそれに貢献しています。 

  • 第一の高頻度取引アルゴリズム- 市場に意図を知らせないために、注文はトレーダーによって分解されます。 これは、明確な価格で 100 ~ 500 個のバッチで行われます。 この場合、アルゴリズムによる一連のコインの送信により、タイトルの売買の価値を知ることができます。 送信されたドキュメントも、応答が得られた後にキャンセルされます。 マシンはトレーダーよりも先に資産を購入し、数秒後にトレーダーに有利な反対の操作を行います。 
  • 2番目の高頻度取引アルゴリズム – XNUMX 番目のアルゴリズムは、市場のボラティリティを爆発させることを可能にします。 これを達成するために、彼は資産価格の上向きの動きをサーフィンします。 目標は、トレーダーが保有するオプションの価格を上げることです。 
  • 3番目の高頻度取引アルゴリズム – ただし、使用される最適なアルゴリズムは、フラッシュ順序を使用するアルゴリズムです。 彼は注文に関する秘密情報をほんの一瞬送信します。 この操作は、発注時および国内システムへの送信前に実行されます。 

利益に影響を与える要因

  • 取引アルゴリズム
  • 実行速度
  • 注文管理アルゴリズム
  • 危機管理 
  • 手数料と手数料
  • 税金

高頻度取引のメリットとデメリット

高頻度取引の利点 

  • すべての市場での流動性注入
  • 狭いスプレッドを資産に変える 
  • 株式市場のボラティリティ低下への貢献  
  • 非常に有利なポジションの提供
  • コストを最小限に抑えるためのブローカーの介入の排除。

高頻度取引のデメリット

  • ファンダメンタルズ分析を考慮していない 
  • 高頻度の賃金取引を使用しない投資家に巻き添え被害を与える
  • 機関に代わって不当な利益を提供し、投資家に損害を与える
  • 高頻度取引規制を使用する投資家のみを支援するファジー流動性注入

 

高頻度取引のご利用に関するお知らせ 

高頻度取引予告が混じっています。 投資家によると、この手法を優先するリスクは少なくなります。 頻繁なニュース取引はエラーを減らすのに役立つと主張する人もいます。 しかし、危険な高頻度取引に対処する際に意見の相違を表明する人もいます。 

❔ 高頻度取引ができるのは誰?

必要な資金を持っている人なら誰でも、高頻度取引を利用できます。

🤔 高頻度取引はどのように機能しますか?

高頻度取引の仕組みは非常にシンプルです。 AMF による市場監視は、販売中にキャンセルされた注文の配置に従います。

⚙️ 高頻度取引を行うブローカーは?

高頻度取引会社を利用するには、複数のブローカー間でオプションを選択できます。 これらには、XM、eToro、Vantage FX などが含まれます。