株式成行注文: 株式成行注文の完全ガイド

最終更新日: 6 年 2022 月 XNUMX 日

株式市場への投資は、お金を増やす最も便利な方法の XNUMX つになりました。 そのためには、規制された市場を通じて株式市場の注文を出すことが不可欠です。 あなたが初心者で、証券取引所で株式や有価証券を購入したい場合は、ここに株式市場で注文するための完全なガイドがあります.

株式成行注文 - 株式成行注文を出すのに最適なブローカー

1.デジロ - 株式とETFを購入するのに最適なブローカー

2.  eToroの - 手数料0ユーロの最高の株式ブローカー

3.  バンテージ - レバレッジのある最高の株式ブローカー

推奨ブローカー

ストック注文とは何ですか?

証券取引所注文または「証券取引所での注文」は、金融市場の注文一覧で取引を指定するために使用される用語です。 公式市場で直接行われるすべての株式市場取引。 言い換えれば、株式市場注文は、上場されている株式を売買する目的で個人によって開始される要求です。 オンライン株式市場. また、株式市場指数、コモディティ、デリバティブ商品の場合もあります。

証券取引所注文の通過の特徴

株式市場での注文の配置には、次のような特徴があります。

  • 金融商品の性質: 株式、債券、株式市場指数、コモディティ。
  • 発行会社の名前および/または株式市場証券の識別子: これは通常、ISIN コードまたはニーモニックです。
  • 操作の意味: 証券の取得または譲渡。
  • 購入または処分した資産の金額。
  • 投資家の目的に応じた注文の種類
  • 注文パラメータ: 価格制限、有効期間など

さまざまな種類の株式市場注文 – 知っておくべきこと

クラシック注文 – 株式市場保護注文

  • 指値価格での株式市場注文 – 指値市場での成行注文は、投資家の間で最も一般的な配置方法です。 これは、取得の場合は最低価格、証券の譲渡の場合は最高価格によって行われます。 これにより、ボラティリティのリスクが低くなるため、投資家は安全な範囲内にとどまることができます。 ただし、このタイプの注文は完全には実行されない可能性が非常に高くなります。 その実行には、操作の構成で固定された価格の達成が必要なためです。
  • 最良の指値での株式市場注文 – 指値注文を超えて、最良の指値注文も株式市場に投資するためのシンプルで便利な方法です。 非常に流動的な値を示していることが特徴です。 ここでは、買い手または売り手は価格に制限を課しません。 注文は、市場で発生する最良のオファーまたは最良の需要で実行されます。 この方法により、コスト面でのリスクが高い場合でも、株式市場注文の実行の可能性を高めることができます。 実際、ベスト リミットでの注文は価格保証を提供しません。
  • 株式市場注文 – 最後に、株式市場の注文は、比類のない実行速度で他のすべての注文よりも優先されます。 「任意の価格で注文」と呼ばれることもありますが、購入価格または販売価格を制御することはできません。 このタイプの株式市場注文の約定時間は非常に短いです。 つまり、市場で注文が発行されると、取引は自動的に行われます。 したがって、これにより、選択した証券の売買が保証されます。 ただし、ここでは何も決定しないため、操作の価格にリスクがあります。

複雑な注文 – 株式市場のストップ注文

  • トリガーしきい値のある株式市場注文 – 古典的な注文は初心者トレーダーによって頻繁に使用されますが、専門家はより複雑な注文を検討することを好みます。 これは、有価証券の価格が決定されたしきい値を超えるとすぐにトリガーされる、トリガーしきい値を持つ株式市場注文の場合です。 たとえば、株式市場で株式を購入するには、実行しきい値を設定する必要があります。 したがって、株価が指定された値に達するとすぐに、ポジションが取られます。 ただし、トリガーのしきい値に達すると、注文は成行注文になることに注意してください。
  • ストップロス注文について – このタイプの株式市場注文では、投資家が設定された価格で正確に売買するという保証はありません。 ポジションが作成されるためには、示された価格が購入の終値よりも高くなければなりません。 売りと同じか、指定価格が前日の終値よりも低くなければなりません。
  • トリガーレンジのある株式市場注文 – 株式市場でも使用されるもう XNUMX つの複雑なオファーは、トリガー レンジです。 これにより、約定の価格ウィンドウを設定できます。 トリガーしきい値とは異なり、これを超えると株式市場の注文が無効になる制限が含まれます。 この制限は、株式市場注文の有効性の制限とも呼ばれ、投資家は注文を渡すための最低価格と最高価格を設定できます。 したがって、価格値が制限内にとどまらない場合、トリガー範囲で開始されたポジションは部分的に取得されるか、まったく取得されない可能性があります。

戦略的な株式市場注文 – 株式市場トレーリング注文

  •  戦略的株式注文 – 戦略的注文は、投資家が株式ポートフォリオを強化できるようにするために、証券会社によって作成されました。 ここでの目標は、すべての市場の方向性から利益を得ることができるようにすることです。 ただし、このタイプの株式市場注文には、優れた応答性と分析ツールの部分的または完全な習熟が必要です。
  • トリプル株式市場注文 – トリプル注文は、市場に一連の注文を出す戦略的な株式市場注文です。 これらは通常、株式市場で連続して出される XNUMX つの買い注文または売り注文です。 この場合、最初の注文が通過すると、他の XNUMX つの注文が自動的に実行されます。
  • 代替株式市場注文 – 株式市場は恒久的に変動するため、最良の価格で実行された株式市場の注文を常に簡単に確認できるとは限りません。 これが、実行のチャンスを自分の味方にできる代替注文が優れた代替手段である理由です。 別の株式市場注文を出すことは、XNUMX つの注文を同時に市場に送信することになります。 ここでの原則は、一方のポジションの実行が他方のポジションを自動的にキャンセルするということです。
  • シーケンシャル株式市場注文 – 連続した株式市場注文を出すには、詳細な市場分析を実行する必要があります。 実際、これは市場での XNUMX つの完全に反対の注文の送信に相当します。 これらは順次実行されます。 つまり、一方を閉じると、もう一方が自動的に開きます。

株式成行注文 – 株式成行注文の出し方

証券取引所で有価証券を売買したい場合は、必ず株式市場注文を出す必要があります。 このためには、何よりも、金融市場へのアクセスのプロバイダーを選択する必要があります。 銀行またはオンラインブローカーの場合があります。 この目的のために、オンラインブローカーを強くお勧めします デジロ 投資家に多くの利点を提供します。 あなたが株式市場に興味があるなら、このブローカーはあなたのためです. 手数料や手数料を支払うことなく、関心のある会社の株式数を購入することができます。

ブローカーを選択した後、株式市場に投資するには、ブローカーでアカウントを作成する必要があります. このために、ブローカー デジロ は、ブラウザからアクセスできるオンライン プラットフォームを提供します。 登録が完了したら、アカウントに入金し、関心のある会社のタイトルを選択するだけです。 次に、約定に必要な情報を示して注文します。 具体的には、アクションのタイトル、ISIN コード、操作の方向、購入する製品の数量、および株式市場の注文の種類です。

最後に、構成済みの注文を銀行またはブローカーに送信する必要があります。 後者は、ポジションを市場に送信する責任があります。 株式市場の注文が執行されるためには、ブローカーはあなたの口座からお金を引き落とす義務があることに注意してください。 この合計は、注文時に示された投資額に相当します。 証券取引所で売り注文を出すには、ブローカーに操作の方向を示すように注意しながら、同じ手順に従ってください。

証券取引所注文の約定時間は?

株式市場では、注文の実行時間に関する一般的な規則はありません。 実際、投資する資産の種類と、選択した株式市場注文の種類によって異なります。 たとえば、成行注文の場合、注文は自動的に実行されます。 一方、指値注文の場合、約定時間はさまざまな市場の変動に左右されます。 最良の指値注文の場合、ポジションは市場で入手可能な最良のオファーまたは最良の需要で取られます。

株式市場注文 – 長所と短所 

株式注文のメリット

株式市場は、誰もがアクセスできる宇宙です。 したがって、集中型市場で売買する株式市場注文を出すと、この操作に関与するすべての関係者がポジションにアクセスできます。 したがって、市場の変動に応じて注文の進化に従う可能性があります。 これにより、誰でも現在の価格で購入するか、別の見積もりを提示するかを決定できるため、ビッドとアスクの送信が容易になります。

一方、取引所で株を直接取引すると、ポジションは自動的にオーダーブックにリストされます。 したがって、これにより、価格設定ポリシーとトランザクションのセキュリティを制御できます。 この概念は、予測を実現するために市場の変動にアクセスできるようになった投資家に公平性の利点を提供します。

株式市場注文のもう XNUMX つの利点は、中央集権型の金融市場が高度に規制されていることです。 したがって、証券取引所に上場している企業は、大きな正当性を享受しています。 これにより、資本のセキュリティが保証され、投資から富を生み出す可能性が高まります。

株式注文のデメリット

取引所の主な欠点は、ほとんどの見積もりに開始時間と終了時間があることです。 これにより、市場へのアクセスが制限され、したがって投資に関する行動範囲が制限されます。

さらに、取引所での取引は、店頭での取引よりも高くつく場合があります。 市場では、価格は金融当局によって管理されているため、市場価格にのみ提出して投資することができます。 一方、店頭交渉では、関係する各当事者が自由に価格を設定できるため、より良い価格帯の恩恵を受けることができます.

結論: 2023 年に選択する株式市場の注文は?

株式市場注文の種類ごとに、長所と短所があります。 したがって、特定の注文の選択は、お客様の目的と、株式市場に投資するために自由に使用できる手段に基づいている必要があります。 ただし、リスクを回避するかどうかに応じて、優先順位を付ける特定の順序があります。 最後に、選択した株式市場の注文は、投資の収益性に影響を与えることはできないことに注意してください。 基本的に投資期間中の証券の変動に左右されます。 ただし、証券取引所で注文する際に特定のパラメーターを使用することで、損失のリスクを最小限に抑えることができます。

❓異株注文とは?

投資家が示す目的とパラメータに応じて、注文にはいくつかのカテゴリがあります。 これらには、とりわけ、指値注文、最良指値注文、トリガーしきい値、成行注文、トリガー範囲、オルタナティブまたはトリプル注文が含まれます。

🤔ストックオーダーとは?

株式市場注文とは、証券 (株式、指数、債券、ETF、コモディティなど) を売買するために金融市場で開始される操作です。

✔️証券取引所での優先注文は?

株式市場で最も人気のある注文は成行注文です。 その信頼性と実行速度が高く評価されています。

✔️✔️✔️株式市場の注文について他に質問がありますか、またはあなたの経験を共有したいですか? コメントを残してください✔️✔️✔️