株式市場の統合: 2023 年にそれを取引するには?

0
1558

最終更新日: 6 年 2022 月 XNUMX 日

語源的には、統合という言葉は、XNUMX つの均質な値のセットを XNUMX つのエンティティにまとめるという事実を示します。 取引の分野では、それはまったく新しい意味を持ちます。 実際、株式市場の調整とは、株式の価格が一定の安定を経験する期間を指します。 また、長い強気期間の後の株価の下落を指すこともあります。 このガイドでは、株式市場でこの重要な概念を習得するために必要なすべての詳細を提供します.

株式市場の統合とは何ですか?

株式市場の統合とは、株式が比較的長い期間にわたってより大きな価格傾向を維持するという事実です。 通常、連結株の取引には慎重な検討が必要です。 問題は、価格帯が限られており、大きな取引機会を提供していないことです. したがって、アナリストやトレーダーは、足固めの期間を優柔不断で慎重に考えています。

一方、統合フラグは、価格が三角形の間で変動するトレンドのブレイクを決定します。 三角形の線の間のこの一時停止は、パターンにフラグの外観を与えます. これは通常、バーでの寿命が短く、取引価格の範囲がありません。

株式市場の統合 – 最高のブローカー

1.デジロ - 株式とETFを購入するのに最適なブローカー

2.  eToroの - 手数料0ユーロの最高の株式ブローカー

3.  バンテージ - レバレッジのある最高の株式ブローカー

推奨ブローカー

株式市場の統合戦略

下降トレンドの後、サポートレベルが新しいレジスタンスポイントになることがよくあります。 同様に、レジスタンスレベルは、上向きのブレイクアウト後にサポートを形成する可能性があります. 数分または数時間しか続かない日中の統合フェーズがあるため、統合を取引する方法を知るには、パターンにかかった時間を知ることが重要です。 日中の資産取引を選択した場合、リアルタイムの更新のためにテクニカル分析ソフトウェアを使用することが不可欠です。 統合の他のパタ​​ーンは、数日、数週間、数か月、さらには数年続くことがあります。 唯一の欠点は、誤って破損しやすいことです。 したがって、トレンドを利用する前に、価格の動きを確認することが重要です。

統合戦略が長期にわたって有効であるためには、いくつかの要因を考慮する必要があります。 当然のことながら、有価証券の取得には莫大なリスクが伴い、そのほとんどが失敗の原因となります。 この罠に陥らないようにするには、次の基準を考慮する必要があります。

  • 市場のセグメンテーションは、地元または地域の投資家の存在によって特徴付けられます。
  • タイトルを統合する会社には、説得力のあるストーリーが必要です。 その経営陣は、買収した活動を効果的に統合することにより、相乗効果を達成できるようにしなければなりません。
  • 買収された企業は、統合を促進するために、統合者と同じ活動分野で活動しなければなりません。
  • 新たな買収が発生した場合に会社が契約した債務を迅速に返済できるようにするには、キャッシュフローが高くなければなりません。
  • グループのリーダーは、買収戦略に直面した際の慎重さと規律を高めるために、会社の多くの株式を保有する必要があります。

株式市場を統合する理由

株価が低すぎる場合、会社は証券を統合することを決定する場合があります。 この操作は、会社が金額を支払わないため、株主の資産に影響を与えません。 株式を併合することにより、株主は既存の株式をより高い名目価値の新しい株式と交換するオプションを提供します。 このプロセスは会社にとって必要です。 実際、これにより、証券の価格が株式市場で 1 ユーロに相当するペニー株に格下げされるのを防ぐことができます。 投資ファンドが利子を失うのを防ぐために、会社は有価証券の価格をペニー株より高く保つ必要があります。 これは大きなマイナス面になる可能性があります。 

また、株式を統合することで、会社は株式が激しい投機にさらされるのを避けることができます。 したがって、イメージを改善するために、一部の企業は株式市場での株式併合を選択します。 これは、証券の価格を安定させるだけでなく、投資家を引き付けるのにも役立ちます。

証券取引所の統合トライアングル

トライアングルは、未定の時期に市場に介入します。 それらは通常、コースの統合中に発生します。 実際、どのトライアングルも、投資家の決定を待っている間に価格が変化するかなり広い領域から始まります。 彼らの意見が収束すると、三角形は最も狭い領域に向かって移動します。 そして、価格がこのゾーンで動く間、そのボラティリティは消えます.

三角形は、市場で正確かつ客観的に推測するために使用される強力なグラフィカル分析ツールです。 曲線上に三角形が存在する場合、その形状のおかげで、将来のトレンドをすでに推測できます。 ただし、最適な結果を得るには、三角形の出口を重要なボリュームで行う必要があります。 数量が不足した場合、目的が達成できない場合があります。

対称三角形

この図は、トレンドの統合期間を定義します。 同じ方向に収束するが、傾向が異なるXNUMX本の直線で構成されています。 株価は引き締めながら上下に変動するため、下降レジスタンス ラインと上昇サポート ラインの XNUMX つのラインが形成されます。 両方とも と呼ばれる同じ交点に収束します。 頂点、それによって三角形を作成します。

この交差点に到達すると、価格は最初の動きの方向に戻ります。 価格の伸びを判断するには、パターンが大幅に上昇した後に表示される必要があります。 もしそうなら、下降レジスタンスラインを超えるブレイクアウトがベンチマークになるはずです。 逆に、出来高の減少により三角形が形成される場合は、株価が上昇サポートラインを下回るのを待つ方がよいでしょう。 したがって、この理論は下降トレンドを裏付けています。 頂点でトレンドが反転し、前の動きとは反対方向にブレイクアウトした場合、トレンドの反転である可能性があることに注意してください。 今すぐ投資したい場合は、統合前と同じ方向にポジションを取る必要があります。

上昇三角形

このパターンは、終わりに近づいたときに上向きのブレイクアウトの兆候です. こちらも継続フィギュアです。 言い換えれば、現在のトレンドを強化する値の成長の中間段階に対応しています。 上昇三角形は、XNUMX つのトレンド ラインによって特徴付けられます。 非常に高い谷がある成長中のサポート ラインと、繰り返しのピークを形成する水平レジスタンス ライン。

一般に、上向きの三角形は、線が頂点に達すると、価格が上昇するリスクがあることを投資家に示します。 したがって、注目すべき主要な側面の XNUMX つは、上昇するサポート ラインです。これは、売り傾向の低下を示しているためです。 価格がこのラインを下回った場合、新しいトレンドが見られます。 したがって、これは、この数字に従うトレーダーにとって最適な時期です。 価格が水平線を超えるとすぐに、株式の購入を決定できます。

下降三角形

下降三角形のパターンは、上昇三角形の反対です。 ブレイクアウト ダウンは、パターンが成功したことを意味します。 これは XNUMX つのトレンド ラインで構成されています。XNUMX つは下降抵抗線で、高値が徐々に低くなるのが特徴で、もう XNUMX つは静的支持線で、繰り返される底値で形成されます。

他のすべてのものと同様に、下降三角形の線はサポート ラインに近い頂点で交わり、下向きのブレイクアウトをもたらすことがよくあります。

株式を投機するトレーダーは、下向きのブレイクアウトが観察されたらすぐにショート ポジションを検討する必要があります。

統合を交渉する方法?

統合ポジションで取引するために、トレーダーは以下の側面に注目します。

  • 音量 : それは統合の強さを決定します。 一般に、取引量が少ないときは、統合フェーズです。
  • コンソリデーションの大きさ : より長いフェーズとよりタイトな境界は、鋭いブレイクアウトをもたらします。 ただし、投資家は、これが偽のブレイクアウトである可能性もあることに留意する必要があります。 長期の足固め期間中は、コミットする前に用心深く、効果的な上昇トレンドを待つ必要があります。
  • リセットの確認: トレンドが反転した後、原資産は調整フェーズに戻る可能性があります。

成行注文: これには XNUMX つの方法があります。 まず、カーブの最高点に買いストップを置くオプションがあります。 Segundo、あなたは投資から利益を得るために価格が急上昇するのを待ちます. 一時停止して交換する戦略を進めて統合することもできます。 これは、テストをやり直すために上昇トレンドが発生するのを待つ必要がある場合です.

平坦化領域での圧密

レジスタンスゾーンでのコンソリデーションフラット

市場が未定ゾーンに入ると、多くの投資家は戦略的な取引決定を控えます。 水平方向の統合は、これらのトレーダーが気が進まない要因の XNUMX つです。

上のグラフの場合を例にとってみましょう。 灰色の四角形は、サポート レベルとレジスタンス レベルの間の水平方向の動きの領域に対応します。 ゾーン 1 は、抵抗線付近の平坦化領域で構成されます。 これは、市場の短期的な統合の後に形成されました。 多くの投資家は、これを上昇トレンドの中断と継続と見なす可能性があります。 ただし、レジスタンスラインでの平坦化が下降トレンドにつながるため、これは当てはまりません。 したがって、このゾーンに投資したトレーダーは、この予想外の下落の恩恵を受けます。

サポートゾーンのフラットを統合

ゾーン 2 は、サポートで同様の平坦化があります。 一部の人にとって、これはチャートが安定した位置にあることを意味する場合があります。 ただし、ゾーン 2 の後、上向きの動きを伴うトレンドの反転があり、レジスタンス レベルを破ってより高いレベルに到達します。

したがって、市場は両方向に動く可能性があります。 この場合、この理論を確認するには、状況が反転するように MACD インジケーターが弱気/強気の発散を形成する必要があります。

市場が一般的なレジスタンスとローカルなレジスタンスのわずかな増加の間にある場合、MACD インジケーターは緩やかな減少があるかどうかを判断できます。

このエリアに下降トレンドがある場合は、売ります。 ただし、特にフラット化がサポートレベルをわずかに上回り、レジスタンスレベルが低下している場合、市場は上昇トレンドを維持できます。 この場合、投資家はロングポジションを開く必要があります。

株式市場の統合について覚えておくべき要点

株式市場価格の統合は、価格の進化の一時停止です。 取引では、トレンドの修正または反転による XNUMX 種類の統合を実行できます。 したがって、地固めがレジスタンスまたはサポートレベルにある場合、XNUMX つのシナリオを考慮する必要があります。 レジスタンスレベルのフラットエリアが下降トレンドを示している場合は、サポートレベルで購入することをお勧めします. 一方、サポートレベルでのフラット化がむしろ強気の動きを示している場合は、レジスタンスレベルで売ることをお勧めします.

FAQ

🤔コンソリデーションゾーンとは?

不可能な制限に達すると、価格は統合されます。 これは投資家にとってためらいの時期であり、価格に方向性が欠けています。 この時、トレンドがまだ強気であれば価格は停滞し、しばらくの間水平に進化します。 一方、価格が下降トレンドにある場合、価格は下降を停止し、水平方向に移動し続けます。

❓テクニカル分析やトレーディングにおけるコンソリデーションとは?

範囲内で変動する価格を指定し、市場の優柔不断と解釈されます。 簡単に言えば、連結とは、適切な取引パターンでの株価の動きを記述するために使用される分析手法です。

🔎トレンドラインとは?

トレンド ラインは、サポートまたはレジスタンスとして機能する上昇または下降の直線です。 一般にテクニカル分析で使用され、株式市場の商品のトレンドを特定することができます。 トレンドライン上にある価格接点が多いほど、ブレイクアウトが発生するリスクが高くなります.

📌トレンドラインブレイクアウトとは?

トレンドラインのブレイクアウトは、リバウンド/テクニカルな調整が可能であることを示しています. ただし、トレンドの反転が発生しない場合もあります。 トレンド ラインに本当にブレークがあるかどうかを判断するには、日本のローソク足を使用できます。 後者がトレンドラインの下または上で閉じた場合、ブレイクアウトが確認されます.